アド企画 制作部
アド企画 制作部
 

Google XML Sitemapsの導入

Google XML Sitemapsの導入

WordPressでWEBサイトを作成したら、「Google XML Sitemaps」プラグインを使用してサイトマップを作成するのが便利です。

サイトマップとは

『Googleなどの検索サイトに自分のサイトを登録するのは(全て)手動で行っている』と、まれに勘違いされている方がみえます。
『Googleに電話して、このサイト登録してもらって!』『Googleに電話して、この画像を(検索結果から)消してもらって!』と、実際に言われた事があります。

Googleなどの検索サイト(検索エンジン)に自分のサイトを登録する際には、まずトップページのURLを申請をします。
検索エンジンは、定期的にページ内にリンクされたURLを拾い集めて(インデックスに登録して)、検索結果に反映させていきます。

ただ、トップページのURL以外も明示的に申請しないと、検索エンジンはうまく全ページをまわって(クロールして)くれません。
そこで、自サイトの「全ページのURLの一覧表」を検索エンジンに渡し(示し)てやることで、ある程度は制御できます。

この「全ページのURLの一覧表」を、規定されたひな型(XML)で作成したものをサイトマップと呼びます。

ウェブページを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。
Googlebot などの検索エンジンのウェブクローラは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。
サイトのページが適切にリンクされていれば、通常 Google のウェブクローラはサイトのほとんどのページを検出できます。
それでも、特にサイトが次のいずれかの条件に該当する場合には、サイトのクロールを改善する手段としてサイトマップが役立ちます。
※ 「Googleウェブマスターツール」より

検索エンジンはインターネット上の情報を常に欲している欲張りさんなので、登録申請しなくても、検索エンジンに発見されてしまえば、検索結果に出てきます。
※ 検索結果に表示させたくないページ等がある場合は、別の方法を施工する必要があります。

Google XML Sitemaps

WordPressは動的なブログシステムです。
それぞれのページのタイトルや本文をデータベースに蓄えて、URLを毎度生成してページを表示させています。
(データベースとは、エクセルの表みたいなものをイメージしていただければと思います。)

既にタイトルやURLの一覧表を既に持っている状態なので、その一覧表を使って自動的にサイトマップを作成するのが「Google XML Sitemaps」プラグインです。

プラグインを有効に設定しておけば、ブログ記事を書いた時に自動的にサイトマップも更新され、その更新を自動的に検索エンジンに知らせたり、と便利な機能がたくさん含まれています。

「Google XML Sitemaps」では、サイトマップ作成時に特定のカテゴリーやタグのアーカイブを省いたり、手動でページを追加したり、わりと細かい部分まで設定できます。

Google XML Sitemaps のインストール

WordPressに管理者でログインした後、メニューから【プラグイン】→ 【新規追加】と進みます。

キーワード入力部分に「Google XML Sitemaps」と入力してEnterキーを押すと、GoogleXMLSitemapが出てきますので、【いますぐインストール】を押します。

Google XML Sitemaps のインストール

インストールが完了したら「プラグインを有効化」を押します。

Google XML Sitemapsを有効化

手動でインストールする場合は、https://wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/より入手して、展開したフォルダをwp-content/pluginsにアップロードして、プラグインの一覧で有効にします。

Google XML Sitemaps の設定

「Google XML Sitemaps」プラグインが有効になると、メニュー項目の【設定】の中に【XML-Sitemap】という項目が追加されます。
ここから、サイトマップの設定を保存して、サイトマップを作成します。

Google XML Sitemaps の設定